オリジナル手縫いの手提げ・・・ヨブス・テキスタイル

少しずつ集まったヨブス・テキスタイルの端切れ達。
ある雑誌に手縫いの小物の紹介があlり、思いついたのがこの手提げ。
ちくちくと、開き時間に縫っていたら、ほぼ1週間で出来上がり!
表側と裏側の区別はないけれど、やっぱりこちら側が目につくかもー。
b0174236_10505867.jpg
ヨブス・テキスタイルのコットン地、手提げの部分は厚手を利用。
b0174236_10511098.jpg
元の形は、隣のもくれんの手提げに同じサイズ。
以外に横長ノートサイズは使いやすい。
b0174236_10512319.jpg
裏地もヨブス・テキスタイルの麻地。
15年前に始めて訪れた、ダーラナのヨブス工房で買い求めた「フンドローバ」を再利用。
b0174236_10513599.jpg
初めは小雪母用のクッションカバーにして5年使い、
その後は小雪さんの座布団にとられて10年くらい。
15年経った麻地のとろみ感のような手触りが、なんとも言えない心地よさ。
でも、とうとう、しょうが抜けてきて、使える場所を裏地にリフォーム。
ハンドメイド・テキスタイルのヨブスの布は、最後の最後まで使いきれる布。

ウン十年前の手芸少女に戻って、また、ちくちくと針を動かす楽しい時間を
再発見の小雪母。
「次は何を作ろうかなぁ~。」
「おかあさん、ずっーと前に、あたしの首輪を作ってあげるって言ってたよねー。いつ?」
「・・・・・首輪はちょっとねぇー」(すっかり忘れてました 汗)
[PR]
by otakikoyuki | 2012-10-14 11:24 | 北欧
<< 還暦前夜 田園風景 >>