堪え難き事なり

午前10時の小雪さん、すでにタイルの上でのびています。
「おかあさん、あっつーい!」、毛皮が邪魔だよね。
午後は表通りから熱風が入ってきて、小雪さんは縁の下に退散。
家の中の温度計は35度をさしていました。見なければよかった。
家の作りようは、夏をむねとすべし。・・・なんて、昔、こんな事を言った人がいましたが、
いくら風通しがよくったって、今日のように熱風では堪え難きことなり。
築80年過ぎた「わろき住居」の天井裏。絶対、断熱材を入れようと決めた小雪母!
b0174236_1695671.jpg

[PR]
by otakikoyuki | 2010-07-22 16:19 | 日常
<< スカンジナビアン・スタイル v... 天気予報いらず >>