竹+旬=筍

みぞれでも降りそうな寒い夜なのにおかあさんはいそいそとお出掛けしました。
夕方から建築士会の地区の会合なのになんで楽しそうなのか不思議でした。
でも、理由がちゃんとありました。小雪さんはコタツで暖かにしてましたけど・・・。
大多喜の筍は今やブランドとなり、この季節は予約客でいっぱいの民宿ひらさわ。
去年から春の会合場所がここに変り、最後に待っている夕食会が待ち遠しいのなんのってー。会員のS氏が毎回、差し入れしてくれる新鮮な海の幸!
今夜はめばちまぐろに一同感激!
b0174236_17214947.jpg

海の刺身のあとは、山の刺身のご登場。鮮度が命の筍の刺身、ぜんぜんえぐみ無し!
b0174236_1722535.jpg

鳥のから揚げよりもっと絶品の筍のフリッター。
車なので今夜はウーロン茶で我慢!我慢!
b0174236_17242114.jpg

これが登場するまでは落ち着かないのです。
筍のホイル焼き、甘味噌と一緒にいただくシンプルで一番贅沢な食べ方。
美味しいとしか言えません。
b0174236_17224260.jpg

このあとは筍ご飯と筍入りの味噌汁、民宿お手製の胡瓜の即席付けで満足!満足!
約2時間ちかく、ひたすら筍を味わう、年に一度の至福のひと時でした。
[PR]
by otakikoyuki | 2010-04-18 17:50 | 街並み案内犬
<< 筍三昧 卯月半ば >>